一時しのぎするなら派遣社員!

一時しのぎするなら派遣社員

派遣社員は即戦力として期待されている場合が多く、その為お給料もアルバイトに比べて高めに設定されていることが多いです。派遣切りなどという言葉も流行りましたが、一時を凌ぐための生き方としては効率の良い手段です。

派遣社員として生きるのは一時しのぎ?

派遣社員として働くことが一時しのぎなのかどうかということについては、それぞれの人の価値観によると言って良いでしょう。
確かに現在だと正社員になれない、だから派遣社員として働いているという人も少なくはありません。
もし自分がそうした立場にあるのならば、それは一時しのぎのものとして考えて良いでしょう。
ですが派遣社員には、正社員には無いメリットがあるというのも事実です。
そのメリットとしてはまず、正社員ではないために正社員ほどの責任や仕事の内容を要求されないということが挙げられます。
このことは働き方が柔軟になる、例えば正社員のように規定された日数で、規定された時間以上に働かなくてはならない、残業をしなくてはならないという縛りを受けずに働けるということですから、例えば既に結婚していて家計の主な収入はパートナーが担っているから、自分はその助けが出来れば良いというような場合であればかなり大きなメリットになります。
また派遣社員は働く先の会社に雇われているわけではないため、その職場での業務に不満を感じたり、さらなるスキルアップを目指したい時に柔軟に働く先を切り替えられるというのもメリットになるでしょう。
もしこうしたメリットが大きな物として考えられるのであれば、それは一時しのぎではなく自分で選んだ働き方として誇りを持てるかもしれません。
ただやはり、最初に述べたように派遣社員という立場を正社員を目指す間の一時しのぎとして考えている人は少なくありません。
実際のところ、労働条件についてもよほど特殊なスキルを持ったエキスパートなどでない限り劣ることが多いですから、絶対にメリットがあるとも言えないのが派遣社員の辛いところでしょう。

派遣社員の給料は上がらない?

派遣社員の給与体系は時給換算のケースが多く、その時給は初めの契約時に交わされる内容で双方合意で決定します。
この時給には「含む交通費」となっている事も多く、周辺相場のアルバイトやパートよりは数百円程度高めに推移している事が多いでしょう。
派遣社員として長く勤めていると、頑張っているのに給与が上がらないという事もよくある話です。
派遣社員の給料は基本的には昇給がある訳でもなく、一定期間の契約を更新していくので正社員のように昇給が年に1回必ず上がるという事でもありません。
派遣会社によっては長く同じ職場で働いても一律である事も多く、派遣社員が雇用されている中での不満に感じる部分でもあります。
しかし、派遣会社によっては交渉次第で「時給が上がる」イコール「給料が上がる」という事は大いにあるでしょう。
とはいえ、時給換算の場合には時給が上がると言っても「10円」や「20円」の世界なので大幅な給料アップは見込めない事が多いでしょう。
派遣社員として働く場合にはいかに自分という存在が他の人よりも秀でた存在であるかをアピールする事で始めの契約時の時給を提示された時給よりも数十円から数百円は上げる事は可能でしょう。
経験値を高めておく、資格を取ってそれなりの知識がある人材としてアピールするという方法もあります。
それでも正社員程の給与アップは期待が少ないので、派遣社員として働く場合には給与アップを前提には選ぶ雇用形態では難しいと言えるでしょう。
それよりも正社員にはない「働きやすさ」や「仕事が選べる」などのメリットの部分を優遇したい人が雇用手段として選択するという事が働く上でのモチベーション維持にはなるでしょう。

派遣社員から正社員へなるために心がけること

バブル経済崩壊後に日本は就職氷河期を2度経験。
一つ目は2000年前半の小泉構造改革であり、二つ目は2008年に米国で発生したリーマンショック後の数年間です。
特に小泉構造改革時には四年制大学卒、短大卒、高卒のすべてにおいて新卒で正社員になれない人が多数発生。
結果、フリーターや新卒で派遣の道を選ばざるをえない方が多数発生しました。
このように企業側が採用を抑制する中、優秀な派遣社員は他のフリーターと異なり数年の派遣経験を経て派遣先の正社員に登用されるケースが多々ありました。
そしてこのパターンは今日にも適用されます。
まず心がけることは、自分のパフォーマンスが発揮できる会社かどうか。
擬態的には自分に合う企業に就労することです。
つまり派遣会社に登録する際、自分がどのような社風でどのような業務であれば自分の能力を十分発揮できるかを正確に伝える必要があります。
次に就労先が決定したら、「自分がいないと業務が回らない」と周囲の正社員に言わせるほど業務の専門化・属人化を図ることです。
属人化はマイナスなイメージにとらわれますが、昔と異なり、どの日本企業も余剰人員を抱えることができなくなっており、結果的に属人化現象は多々発生しています。
次に派遣先の様々なセクションに業務上の人脈を作ることです。
これも属人化の一つですが、自分の顔が売れれば、この企業やセクションにとって「なくてはならない人」と認識され易くなります。
ましてや「ギブアンドテイク」の関係が構築できればその度合いは深まります。
このように、派遣先企業内に自分の仕事や業務が深くかかわり、人間関係も構築できれば、正社員登用の話も進み易くなるほか、所属する組織の指揮命令者(直接雇用で言うところの上司)も人事部に対して申請が楽になります。