一時しのぎするなら派遣社員

派遣社員は即戦力として期待されている場合が多く、その為お給料もアルバイトに比べて高めに設定されていることが多いです。派遣切りなどという言葉も流行りましたが、一時を凌ぐための生き方としては効率の良い手段です。

2017年01月の記事一覧

仕事納め直前の退職は派遣のケアマネージャーに相談

介護保険制度の要と言われているケアマネージャー、年々資格取得者は増えているものの、現場ですぐに即戦力になる経験あるケアマネージャーはあまり多くありません。そのため、ケアマネージャーの人材不足に悩んでいる事業所が多いこともまた事実です。そんなとき、事業主にお勧めなのが、派遣会社を通じてケアマネージャーを雇用することです。人材派遣を利用し、経験あるケアマネージャーを雇用することで、何よりも顧客、利用者の皆様にとってよりよい介護保険サービスを提供することができます。例えば年末年始前などは、時期的にも忙しく、その時期にケアマネージャーの欠員が発生することは、事業主にとって大きな痛手です。しかし、その前後で新しい人材を事業所が独自に雇うことは大変な労力がかかります。特に、年末は、すでに前職を退職している人でも、新しい職場は年始からと考えている方が多く、就職希望者を探すことは困難です。派遣会社からの人材派遣であれば、年末でも、極端に言えば仕事納めの日からでも、可能であれば人材を確保してくれます。
ここで、介護保険制度で見てみると、担当のケアマネージャーが、急に退職してしまった場合、その後任が前任者の退職した月と同じ月から入職したか、それとも次月からかで、常勤換算のカウントに大きく差が出てしまいますし、特定事業所加算の減算につながることも考えられます。月末の、仕事納めの日からでも入職してもらったほうが、事業所にとってのメリットが大きいと言えます。
人材不足が大きな問題になっている介護業界は、今後も事業所の人材確保はますます大変になると言われています。派遣社員なども上手に取り入れながら、欠員を出さず、事業所の減算を避けていくことが、生き残りにつながります。

続きを読む