一時しのぎするなら派遣社員

派遣社員は即戦力として期待されている場合が多く、その為お給料もアルバイトに比べて高めに設定されていることが多いです。派遣切りなどという言葉も流行りましたが、一時を凌ぐための生き方としては効率の良い手段です。

2017年06月の記事一覧

派遣の面接が難しい場合の対応の仕方

面接は派遣の仕事をする時も大切です。志望動機や自己PRといった正社員の面接と同じことを聞かれるので、事前にしっかり準備しておくことが大切です。派遣の面接で難しい対応を迫られることもあります。そんなときは、まず冷静さを保つことが必要です。よくある例は、応募した仕事が向かないと言われる場合です。こんな風に言われる時は、2つのことを考えましょう。まず一つ目は、実際に向かないと判断された場合です。残念ですが、この場合はその仕事をあきらめた方が無難です。仕事をするときは適性が大切で、自分の向かない仕事を続けても苦痛になるだけです。もう一つの場合は、わざと言われる場合です。わざと難しいことを言って、応募者の対応の仕方を調べます。通常の面接では、これが多いです。この時は、慌てないで自分の能力をアピールしましょう。向かないと言われたら、どんな人でも衝撃を受けますが、それは自信担当者の本音ではないことを見抜かなければなりません。
他の例もあります。例えば、雇用の条件を変えようとする場合があります。例えば、募集要項には残業なしと書いてあっても、面接のときに多少の残業はできないですかと言われます。できる余裕があったら、肯定の返事をしても良いですが、このような会社はできるだけ避けた方が無難です。一度雇用の条件を変えたら、他の条件も変えられてしまう恐れがあります。そうなったら、働くのが苦痛になってしまいます。このような悪質な会社は少ないのですが、全くないとは言えません。このような会社に当たらないようにするには、転職会社を利用するのが良い方法です。転職会社が間に入っていれば、雇用の条件を変えられてしまうことはありません。

続きを読む